思い出あるウェディングプロフィール

ウェディングプロフィールを言葉だけで生い立ちを司会者に言ってもらうだけではなく、プロフィールビデオを使う事で更に分かりやすく楽しんでもらいたいという方が多くなってきました。ビデオにする事で小さい時の写真などを親族や両親達と見返してここまで育ててくれた感謝の気持ちを少し添える方もいらっしゃいます。産まれた時や、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学といった年齢にそって動画に流して行く事で言葉だけではなく成長過程が分かりやすく、見ている、聞いている人たちも飽きずに楽しめるのです。また、友人の方がたくさん来てくださっていたら、ビデオの内容もポップな内容に変えたり少し面白い内容にするなどして盛り上がるようにしたりと、親族だけの場合は感動的にするなど自分達のウェディングはどんな風にやりたいかで自分たちで好きに変えられるのがメリットです。しかし、自分で作るとなったら仕事などしていたら準備に時間かかる事もあり大変です。そこで写真を渡すだけで作ってもらえる会社もあるので頼む方も多いです。作ってもらうという事はお金が更に掛かってしまうのでデメリットと感じます。しかし、せっかくの一生に一度の大事なプロフィールビデオなので時間を掛けて自分で作る方もいらっしゃいます。自分で作るからこそウェディングの際に来客の人達に気持ちを更に伝えられるのです。最近ではこういった方法でビデオにするなど流すBGMもさまざま選べます。また、一人一人の卓上の上に生い立ちの流れが分かりやすいように紙におしゃれに書いてそれを見ながら話す事もあります。そのプロフィールの紙も自分でオリジナルで作られる方もたくさんいらっしゃいます。紙ならお客さんも家に持って帰れますしとても喜んでもらえます。ながれで結婚披露宴が始まってだいたい最初の方でウェディングプロフィールがあるケースが多いので始めの流れをよくさせるにもとても良いです。最初に盛り上がる事で来られた方にこれから何があるのだろうっといったわくわくした気持ちにもなってもらえるので更に結婚披露宴を盛り上げられて素敵な時間になるのです。ビデオにする事で結婚式が終わった後にもDVDにしてずっと置いておけるので家で見て思い出すなどできるのです。子供ができたら一緒にパパ、ママのDVDを見るのも素敵です。一生に一度の事なので記念に形に残る物として置いておくのも良いです。大切な方たちと見るにはとてもふさわしいのです。