女性のウェディングドレスに対する思いとは

ウェディングドレスとは結婚式で着用する婚礼用の衣装のことで、もともとはサフランで染められた黄色の衣装が始まりでした。ドレスが純白になったのはキリスト教で結婚式が行われるようになってからで、厳格を重んじるカトリック系のキリスト教では肌の露出を極力抑え、顔をベールで覆い、トレーンという引き裾は長い方が良いとされ、また処女でなければ純白は着ることができないとされてきました。この時のスタイルが現代のウェディングドレスの原型になっていますが、厳格さという意味ではなくなり結婚式でのファッションとして楽しむ様になりました。ドレスの種類も様々で花嫁の好みや体型などに合わせて選ぶことかできます。花嫁はドレスを購入するのか、それともレンタルにするのか悩みます。購入となりますとオーダーメイドとなり、時間はかかりますが自分のジャストのサイズでドレスを着ることができます。レンタルですと若干のサイズ調整はありますが、基本は自分に合ったサイズを選び少し直して着るという具合です。芸能人がデザインしたウェディングドレスのレンタルも大変人気があります。何れにせよ一生に一度である晴れ舞台に自分自身で納得できる最高のウェディングドレス選びには女性の並々ならぬ葛藤や努力があるのです。