ウエディングドレスについて考える

結婚式は新郎新婦が永遠の愛を誓い、その門出を祝福してもらう場ですので、新郎新婦が主役のイベントです。さらに、新婦の存在は会場を華やかにする効果があるので、特別な日となります。一生に一度の結婚式には、後悔のしない、ゲストにも喜んでもらえるような、素敵なウエディングドレスを選びたいものです。ウエディングドレス選びでまず大切な事は、結婚式場とのバランスを考える事です。大きな教会で、バージンロードも長いような場所には、裾が長いロングドレスが良く似合います。小さなお子様に裾をもって歩いてもらうイベントも行いやすいので、ドレスのボリュームは多い方がおすすめです。それでもシンプルなラインのドレスを選ぶのであれば、ヴェールを長くするなどの小物でアレンジする方法もあります。最近は、おしゃれなデザインとして、ミニスカートタイプのドレスもありますが、一生の愛を誓う神聖な場所ですので、露出の多いデザインは控えた方がよいです。披露宴会場では、より会場の大きさとドレスのボリュームは考える必要があります。大きな会場では、高砂に移動するための花道も作りやすいですが、小さな会場では、小回りが利かずに歩きにくくなります。介添えの方が、ゲストにあたらないようにドレスの裾などを持って歩くようになると、逆に見栄えが悪くなり、ドレスの効果が下がります。また、披露宴のプログラムに合わせたドレスを、選ぶ事も大切です。披露宴で最初に入場した後は、しばらく高砂に座る時間が続きます。その後、各テーブルを回るなどのイベントが無いままお色直しに入ると、ゲストはドレスの上半身しか、ほぼ見れていないという事です。ドレスの裾やスカート部のデザインも大切ですが、上半身だけ写真に納まる事も考えて選ぶ事が重要です。挙式を行うのであれば、ドレス全体の印象を楽しんでいただきやすいのですが、披露宴だけ行う場合には、お披露目の時間が限られますので、特に注意が必要です。ウエディングドレスを選ぶ時に、イメージを沸かせる為カタログを用意している所もあります。カタログのモデルには、外国人の方が登場する場合が多く、日本人が着た場合にギャップを生じる事があります。肌の色や体型、背の高さなどを考慮して選ぶ事が大切です。着てみたいデザインと、自分によく似合うデザインは異なる事が多いので、第三者の意見を取り入れながら、自分もゲストも満足いくドレスを見つけられると、より素敵な結婚式を迎えられます。