ウェディングドレスを着た女性は輝いている

女性にとってウェディングドレスは憧れです。幸せの象徴と言って過言ではありません。ウェディングドレスはイコール結婚なので、そのバックボーンが余計に輝きを見せているのかも知れません。またウェディングドレスを着た女性は綺麗でとても輝いています。自信に満ちていて幸せなオーラを振りまいていて笑顔で、周りの人にも幸せを運んでくれます。何故こんなにも輝きに満ちているのかと言えば、一緒に一度しか着ることが出来ないからではないでしょうか。稀に2度や3度着る方もいらっしゃいますが、大抵は1度です。だからこそ価値があるのです。またウェディングドレスを着た日が美しさの登頂に例えられます。登頂に向かうために人は坂道を一生懸命上がって行きます。綺麗になるためにダイエットをしたりエステに通ったり、食事制限をしてスリムな体形になろうと努力します。特に挙式前は人生の一大イベントなのでこれまで以上に磨きをかけます。そして最高の姿で登頂します。それからはどんどん下山していきます。体形を余り気にしなくなってどんどんふくよかになったりボディラインが緩み始めます。女性にとってウェディングドレスを着ているときが登頂なのであれば、余計に儚くも美しくも思えます。