ウェディングドレスの思い出

私は、主人と結婚式を挙げませんでした。
自分達の資金で、両家の親からの援助は一切無かったので、これからの生活の事も考えて、貯蓄として残すという事に決めました。
しかし、どうしてもウェディングドレスだけは来てほしいという、主人の祖母のお願いから、ウェディングドレスだけは着る事にしました。
それでも、なるべく費用を抑えたかった私は、インターネットの口コミや評判を多数調べて、何とか費用を抑える方法を模索しました。
結局、中国や韓国のネットショップを利用するというのが一番安く、オーダーメイドも出来るとのことだったので、評判も良い所を利用しました。
確かに、一般にウェディングドレスに利用されている生地とは少し安っぽい感じもしましたが、写真を撮るだけに使うだけだったので、写真うつりはとても良かったです。
また、レンタルではなく購入だったので、親戚のお食事会と、友人へのレストランでのお披露目会、両方で着用する事ができて、衣装代を随分抑えることが出来ました。